キャッシングの借り換えを考えるとき

最初は誰しもがちょっとのつもりで借りるキャッシングも、ついつい気が緩んでしまって気が付いたら何十万も残高が積み上がっていたなんていうことは珍しい話ではありません。

年収が1000万円を超えるような人ならともかく、普通の人にとっては何十万もの借金は大金であり大変な負担です。しかし一旦借金癖ついてしまうと、その負担感も麻痺してしまい、更なる借金を重ねて100万円を超える借金にふくれあがってしまっているというケースも良くある話だそうです。

そうなる前に、何等かの対応を取った方がよいですが、一番最初に取るべき対策がキャッシングの借り換えです。

基本的に、借金を繰り返している人は、一社のみで終わっているケースは少なく、二社、三社と借り入れ先を増やしているものです。この場合の問題点は金利が高くなってしまっているということにつきます。

一社で30万借入した時に18%で借り、次に他社で20万の借り入れをしてまた18%、三社めもやはり18%といった具合に、50万円以下の小口の限度額で借入契約をしている場合は金利は上限である18%で設定されていることがほとんどです。
銀行カードローンであれば上限金利は15%ですから、もし、消費者金融で小口の限度額を利用しているのであれば、銀行に借り換えするだけでも結構な金利の軽減につながる可能性大です。
もし100万円以上の残高が残っているのであれば、銀行カードローンの金利だと10%~12%くらいが多いですからかなりの金利軽減になります。

いつ借り換えを検討すべきかですが、これはやはり気づいたときにすぐということになります。金利の軽減効果があまり見込めない場合は急ぐ必要はありませんが、18%で借りているなど、借り換えによって金利が下がるのがほぼ間違いないと思われる場合は一刻も早く行動に移しましょう。一日借り換えする日が長引けば、その分だけ高い金利を払うことになります。