キャッシングの借り換えならみずほ銀行がおすすめ

キャッシングをあちこちからつまんでいる人というのは、50万円くらいの限度額で、金利も18%とかで借りているケースが多いものです。
基本的に、キャッシングに限らず融資というものは借入額が大きければ大きいほど金利は低くなりますから、キャッシングで50万円以下の限度額というのは結構少額融資の部類に入るわけです。当然、金利も最高水準での契約となっていることがほとんどです。

そうした場合にキャッシングの借り換えを検討するわけですが、おすすめなのはみずほ銀行のカードローンです。
オススメ理由の大きな点は大手銀行であるということです。
やはり、銀行、それもメガバンクから借り入れをするとなると安心感も段違いです。消費者金融などの貸金業者数社から150万円の借金と、みずほ銀行から150万円の借金、どちらがいいと言えば言うまでもないですよね。

金利もみずほ銀行がおすすめです。これはエグゼクティブプランという契約になったらという条件付きですが、利率がとにかく低い。最高でも7%です。こんなカードローン、他にありません。
低ければ3%まであります。
やはり、金利は返済額に大きな影響を与えるものですし、月々の負担感もバカになりません。
もし、キャッシングの借り換えで悩んでいるのであれば、みずほ銀行カードローンに借り換えすることをお勧めします。

銀行キャッシングに借り換えるメリット

消費者金融のキャッシングを複数利用している方は銀行のカードローンに借り換える方がかなりお得になります。なぜなら銀行のカードローンはキャッシング金利が低いことが多いからです。

特に重要なのは下限金利の安さのみならず上限金利が約15%に設定されているところです。

つまり、消費者金融のキャッシングやクレジットカードのキャッシングであれば、多くは18%で借り入れしている人が、上限15%の銀行のカードローンに借り換えできるわけです。それだけで金利は確実に安くなりますし、消費者金融の場合と異なり総量規制の対象外なので収入状況や資産状況次第でより多額の融資が可能となるかもしれないのです。

ただ、銀行カードローンが良いとはいっても、問題があります。

それは借り換えの審査は通常の審査より厳しいからです。一般的に審査で見られるポイントは何処の会社でも大した違いはないのですが、一般的には
銀行>信販>消費者金融
の順で厳しいと言われています。

そこで、キャッシングの借り換えを検討している人に借り換え審査のポイントを紹介します。

「借り入れ件数」はかなり重要なポイントです。借り入れ総額よりも借り入れ件数の方が重視されるのです。一般的に借り入れ件数が3件以内なら可能性大、4なら微妙、5なら不可能となる場合が多いです。

「多重申し込み」は短期間の間に複数の業者に申し込むことをいい、1ヶ月に3社以上申し込みした場合は不可能になることが多いです。ローンに申し込んだだけでその情報は信用情報機関に掲載されてしまいます。業者側は審査に際し必ず信用情報機関でその人の信用情報を確認するので、短期間に複数のローンの申し込み履歴があった場合に、それだけで危険人物として判断されて審査に落ちてしまうのです。これを申込ブラックといいます。

ちなみに、金融機関への申し込み履歴は6ヶ月間有効です。

次に過去にローンの返済でトラブルを起こした場合も信用情報に「事故情報」として掲載されます。いわゆるブラックリストです。事故情報として扱われるのは、3ヶ月以上の延滞や不払いや債務整理などがあり、5-10年間保存されるのでこの間に借り入れを申し込んでも審査に落ちてしまうのです。「勤続年数」は当然長い方が有利です。普通の借り入れなら3-6ヶ月が基準になっているのですが、借り換えの場合は少なくとも1年は同じ職場で働くことが求められるのです。さらに公務員や大手企業にお勤めの方が有利で無職ならほぼ不可能です。

最後にお得な情報として、「年度末」が一番審査に通りやすいのです。この時期は就職や転勤などでいろんな出費が重なる時期ですからローンの需要が増える時期でもあり、各社売上を上げようといろんなサービスを打ってきますからそれに便乗すると借り換えできる可能性も上がるのです。

キャッシングの借り換えを考えるとき

最初は誰しもがちょっとのつもりで借りるキャッシングも、ついつい気が緩んでしまって気が付いたら何十万も残高が積み上がっていたなんていうことは珍しい話ではありません。

年収が1000万円を超えるような人ならともかく、普通の人にとっては何十万もの借金は大金であり大変な負担です。しかし一旦借金癖ついてしまうと、その負担感も麻痺してしまい、更なる借金を重ねて100万円を超える借金にふくれあがってしまっているというケースも良くある話だそうです。

そうなる前に、何等かの対応を取った方がよいですが、一番最初に取るべき対策がキャッシングの借り換えです。

基本的に、借金を繰り返している人は、一社のみで終わっているケースは少なく、二社、三社と借り入れ先を増やしているものです。この場合の問題点は金利が高くなってしまっているということにつきます。

一社で30万借入した時に18%で借り、次に他社で20万の借り入れをしてまた18%、三社めもやはり18%といった具合に、50万円以下の小口の限度額で借入契約をしている場合は金利は上限である18%で設定されていることがほとんどです。
銀行カードローンであれば上限金利は15%ですから、もし、消費者金融で小口の限度額を利用しているのであれば、銀行に借り換えするだけでも結構な金利の軽減につながる可能性大です。
もし100万円以上の残高が残っているのであれば、銀行カードローンの金利だと10%~12%くらいが多いですからかなりの金利軽減になります。

いつ借り換えを検討すべきかですが、これはやはり気づいたときにすぐということになります。金利の軽減効果があまり見込めない場合は急ぐ必要はありませんが、18%で借りているなど、借り換えによって金利が下がるのがほぼ間違いないと思われる場合は一刻も早く行動に移しましょう。一日借り換えする日が長引けば、その分だけ高い金利を払うことになります。

アイフルのおまとめ専用ローン

以前、アイフルはおまとめローンや借り換えには向かないと書きました。
それは、

・消費者金融なので金利が高め
・消費者金融なのであまりたくさん借りられない

というのがその大きな理由になります。キャッシングを主な事業としている消費者金融、貸金業者はどうしても相手が個人となります。銀行などであれば法人向けの融資で大きな融資枠を設定可能ですが、消費者金融のキャッシングはそうもいきません。ゆえに金利も銀行と比べると高く設定されがちです。
事実、アイフルの個人向けキャッシングローンの金利は4.5%~18.0%となっています。一方、銀行の金利になると、下限金利こそ3%~4%ですが、上限金利ではどこも15%以下というのが普通になっています。それほどまでに金利の差に大きく表れているわけです。

しかし、そんなアイフルでもおまとめに使えるようなローンがないわけではありません。
それが計画返済支援おまとめローン『おまとめMAX』だったり『借り換えMAX』だったりします。
これらのローン、何が通常のキャッシングローンと違うかというと、「個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約等」に該当するローンであるということです。具体的には、

返済専用のローン

だということです。

通常のキャッシングローンであれば、限度額の範囲内で借りたり返したりを繰り返します。先月借りたけど今月も厳しいのでもうちょっと借りようなんていう使い方ができるわけです。しかし、おまとめMAXは最初に借り換え用の融資を受けていこうは再度借入をすることができません。つまり借りた後は返すのみなわけです。
この点が消費者にとってメリットしか与えないローンという位置づけになり、消費者金融なのに総量規制の影響をうけることなく(総量規制対象外)利用ができるという理由になっています。

よって、アイフルでも返済専用ということでよければキャッシングの借り換え、おまとめが可能です。

アコムもあまりキャッシング借り換えには向かない。

20150825144530以前、アイフルは借り換えには向かないという話をしましたが、アコムも同様です。

理由は簡単。利率が高いからです。
今時、消費者金融で借りると、利率は18%で設定されます。中小~大手はどこも同じ、一部の銀行も下限金利を18%にしているところもあります。じぶん銀行などですね。これ以上の金利を払っている人もいるかもしれませんが、そういう人は街中の怪しげな貸金業者で借りてないでしょうか?そういう場合はもしかしたら闇金ってこともあるので注意が必要です。借りたお金の返済はいつまでたっても終わらないので、正規の登録業者かどうか確かめてみましょう。

というわけで、18%で借りている場合は、18%以下の利率が適用されるところで借り換えしないと、メリットが生まれてこないわけです。アコムは上限金利こそ4%台ですが、このあたりの利率が適用されるには何百万も借りて、しっかり延滞もなく返済をして、、、という履歴を積み上げて信用度を増していかなければ無理です。普通の人が借りる場合は金額にもよりますが大体は18%あたりで利率が適用されます。となると借り換えするメリットって複数社ある借入先がアコム一社にまとめられるっていうくらいしかありません。
肝心要の利率が低くなって返済総額が減るっていうメリットが出てこないわけです。
借りるなら下限利率ができるだけ低いところがベストです。現状では住信SBIネット銀行のMr.カードローンあたりが最適です。借りることさえできれば下限金利は10%を切ってますから借り換えメリットはかなり大きいはず。銀行だからとしり込みせず、ダメ元でアタックしてみましょう。審査に通れば見返りは大きいですよ。

キャッシングを借り換えして一本化するメリット

20150729060517複数のキャッシングやクレジットを低金利のローンに借り換えして一本化することは、借金総額を減らし、毎月の元金や利息分を減らすことにより返済期間が短くなり、支払日が統一され、支払管理がしやすくなることや、なにより一本化するのですから多重債務者ではなくなるという大きなメリットがあります。

複数の消費者金融などから借り入れしている場合、各業者への月々の返済や手数料などの管理に手間がかかります。

特に、50万円以下の融資を複数利用している場合は、高い金利での支払いをしているケースが多く、一本化する場合との完済差額は大きく変わってきます。

通常、借りている金額が大きくなればなるほど金利は下がってくるので、複数のキャッシングで借り入れをしていると、それぞれの借金は分散され、金利は上がります。

たとえば、A社の場合、契約限度額100万円以下なら、借入利率は12.0~14.5%ですが、300万円を超え、400万円以下なら7.0~8.0に引き下げられます。

そして、キャッシング一本化の場合は、年収の3分の1を超えていても貸し付けしていいことになってします。借り換えローンやおまとめローンなどと呼ばれています。

業者によって金利設定はさまざまですが、一度に借金の全てを一本化できない状況でも、一つでも二つでもまとめて、最終的に全ての借金を一本化することで完済に向けて大きく前進します。

借り換えには向かないキャッシングのアイフル

img_20140410054229 初めてキャッシングする人と達の方に専用のフリーダイヤルが設けられていますが、助成専用のフリーダイヤルを付くって下さっていてほっとします。
 どちらの回線にかけても親切な対応をして頂けるとは思いますが、シングルマザーだったり、子供の教育資金を借りたくても夫が無関心だったりしてもんもんとした日々を送っているとき、助成専用の回線にかければ、女性の視点で一緒に考えてもらえ優しいアドバイスをしてもらえるような気がします。

切羽詰ってキャッシングする訳で、フリーダイヤルをプッシュするときどきどきしていても、電話が終わった後ほっとできたら気持ちもポジティブになれそうです。

 電話をしたり人と話すのが苦手な人はネットで申込みができるというのも魅力ですね。
 主婦やアルバイトでも申し込めますし、返済サポートのページで返済シュミレーションをできるので無理のない借り方ができるのではないでしょうか?
しかし借り換えには向かないようですね。キャッシング会社で貸金業者なので、総量規制の対象になっていますし、金利も借り換え専用のところと比べると高めです。

審査情報などをしっかり確認する必要があります。キャッシング 借り換え 審査などで出てくる金融系サイトで見極めるのが良いでしょう。

 確認書類として本人証明書(免許証や保険証)収入証明書などがいるようですが、書類と必要事項を記入しメットから申込み審査が通れば即日に振り込んでもらえるそうで、急ぎでお金が必要なときは助かります。
 有志を受けるときの条件にもよるようですが、金利が.5㌫から18㌫とさがありますが、電話でも窓口でもメールでも、返済の仕方や、一人一人に担った融資額をアドバイスしてもられるので安心だと思います。

 キャッシングは本当に必要なとき、必要なだけ借りて、スムーズに帰すが原則ではないでしょうか?
 アイフルはそのサポートをしっかり行ってくれる庶民に優しいキャッシング会社だと思います。