キャッシングを借り換えして一本化するメリット

20150729060517複数のキャッシングやクレジットを低金利のローンに借り換えして一本化することは、借金総額を減らし、毎月の元金や利息分を減らすことにより返済期間が短くなり、支払日が統一され、支払管理がしやすくなることや、なにより一本化するのですから多重債務者ではなくなるという大きなメリットがあります。

複数の消費者金融などから借り入れしている場合、各業者への月々の返済や手数料などの管理に手間がかかります。

特に、50万円以下の融資を複数利用している場合は、高い金利での支払いをしているケースが多く、一本化する場合との完済差額は大きく変わってきます。

通常、借りている金額が大きくなればなるほど金利は下がってくるので、複数のキャッシングで借り入れをしていると、それぞれの借金は分散され、金利は上がります。

たとえば、A社の場合、契約限度額100万円以下なら、借入利率は12.0~14.5%ですが、300万円を超え、400万円以下なら7.0~8.0に引き下げられます。

そして、キャッシング一本化の場合は、年収の3分の1を超えていても貸し付けしていいことになってします。借り換えローンやおまとめローンなどと呼ばれています。

業者によって金利設定はさまざまですが、一度に借金の全てを一本化できない状況でも、一つでも二つでもまとめて、最終的に全ての借金を一本化することで完済に向けて大きく前進します。